江若交通の概要

江若交通株式会社は、滋賀県湖西地方でバス事業(一般乗合旅客自動車運送事業・一般貸切旅客自動車運送事業)などを行う、京阪グループの事業者です。

江若交通株式会社の前身は、1920年2月17日に設立され、1969年まで浜大津~近江今津間で江若鉄道線を営業していた「江若鉄道株式会社」です。江若鉄道線の廃線跡は一部が国鉄(当時)湖西線の建設用地に転用されました。

バス路線は、江若鉄道時代の1931年11月20日に、大溝町大字勝野(大溝駅、後の高島町駅)~近江今津駅間を、湖西自動車株式会社から譲り受けて開業したのが始まりです。この路線は1934年頃に廃止されましたが、一方でこの頃までには安曇駅~岩瀬間、安曇駅~南船木間、浜大津駅~和邇駅間、和邇駅~途中間などが開業しています。

江若鉄道線の廃止後、社名を江若交通株式会社に変更し、以降はバス事業を中心に運営されています。

社章

社章

「江若」の名前は、社名は、「近江」と「若狭」を鉄道で結ぶという意味で、両者から一文字ずつ取って名付けられた。社章も "Omi" の "O" と "Wakasa" の "W" を組み合わせたものとなっている。

現在の江若交通は、JR湖西線堅田駅前の「江若交通ビル」に本社を置き、堅田営業所、安曇川支所、大津営業所の3拠点を構えています。

堅田営業所は、大津市・守山市内の路線を担当しています。

安曇川支所は、高島市コミュニティバスの一部路線を含めた高島市の路線を担当しています。

大津営業所は、京阪バス大津支所における一般乗合旅客自動車運送事業・一般貸切旅客自動車運送事業の管理(運転業務・運行管理業務・整備管理業務等)を受託しています。

江若交通ビル

江若交通ビル

滋賀県大津市真野一丁目。6階に江若交通本社事務所がある。1992年10月竣工。

堅田営業所・堅田車庫・整備工場

堅田営業所

滋賀県大津市本堅田六丁目。整備工場を併設する。2015年7月に江若貸切バス旅行センターが営業所事務所内へ移転した。

安曇川支所・安曇川車庫

安曇川支所

滋賀県高島市安曇川町五番領。

近年は、深夜湖西急行バスや自転車ラックバスの運行、ICカードシステム導入など、新たなサービスを展開されています。

深夜湖西急行バス

深夜湖西急行バス

2011年3月運行開始。毎週金曜日(平日)の深夜、JR湖西線の終電後に山科駅24時45分発小野駅行き1便が運行される。

自転車ラックバス

自転車ラックバス

堅田営業所所属の2両に自転車ラックを取り付け、2012年3月に日吉台線で運行を開始。2013年4月からは堅田葛川線50番系統での運行も始まった。

ICカードシステム

ICカードシステム

2011年11月、堅田営業所管内に導入。当初はPiTaPa・ICOCAのみの対応であったが、2016年4月1日から交通系ICカードの全国相互利用サービスが開始された。

沿革

1919年8月19日
鉄道敷設免許状下付(滋賀県大津市~福井県遠敷郡三宅村間)
1920年2月17日
江若鉄道株式会社設立(資本金400万円)
1921年3月15日
三井寺駅~叡山駅間で江若鉄道線開業
1923年
湖西自動車株式会社設立
1923年3月17日
湖西自動車が大溝~今津間開業(高島郡におけるバスのはじめ)
1931年1月1日
鉄道線、安曇駅~近江今津駅間開業により浜大津~近江今津間全通
1931年11月6日
湖西自動車より大溝~今津間の乗合自動車営業権を譲り受ける
1931年11月20日
大溝駅前~今津駅前間でバス路線運行開始(「江若バス」のはじめ)
1946年11月22日
資本金を800万円に増資
1948年4月13日
資本金を1,200万円に増資
1949年6月3日
資本金を2,000万円に増資
1950年4月14日
貸切バス営業開始
1953年7月4日
資本金を4,000万円に増資
1953年12月15日
大津観光自動車株式会社設立、貸切バス・ハイヤー事業を分離し同社へ譲渡
1955年11月4日
資本金を6,000万円に増資
1959年2月10日
大津観光自動車が琵琶湖汽船自動車と併合
1961年7月
京阪電鉄のグループ会社となる
1961年7月5日
資本金を9,000万円に増資
1969年10月20日
運輸大臣より鉄道営業廃止許可を受ける
1969年11月1日
江若鉄道さよなら列車運行、鉄道事業廃止
1969年11月2日
江若交通株式会社に商号変更
1974年7月20日
国鉄湖西線開業
1982年2月15日
ボンネットバス最終運行
1987年1月30日
一般貸切バス事業認可
1987年5月
貸切バス事業開始
1988年12月4日
JR湖西線小野駅開業
1992年1月31日
JR湖西線堅田駅前に江若交通ビル竣工
1992年3月25日
本社事務所を大津市真野一丁目(江若交通ビル6階)へ移転
1993年10月1日
運賃改定(最低運賃140円→150円)
1994年度
京阪電鉄の連結子会社となる
1995年10月1日
運賃改定(最低運賃150円→160円)
1997年7月
安曇川営業所移転竣工
1997年11月1日
消費税率引き上げ等に伴い運賃改定(最低運賃160円→170円)
1998年3月25日
江若交通初の低床車(ワンステップバス)運行開始
1999年3月30日
江若交通初のノンステップバス運行開始
1999年4月3日
環境定期券制度導入(県庁前~唐崎間)
2004年10月16日
びわ湖横断エコバス(堅田駅~守山駅)運行開始(近江鉄道バスと共同運行)
2005年3月1日
京阪バス大津支所における一般乗合旅客自動車運送事業・一般貸切旅客自動車運送事業の管理(運転業務・運行管理業務・整備管理業務等)受託開始
2005年3月11日
ISO14001認証取得
2010年6月
堅田営業所移転新築
2010年10月
整備工場を大津市本堅田五丁目(スポーツクラブ コジャック横)から同市本堅田六丁目(堅田営業所内)へ移転
2010年
観光課事務所を大津市本堅田五丁目(スポーツクラブ コジャック横、旅行案内所)から同市真野一丁目(江若交通ビル2階、江若貸切バス旅行センター)へ移転
2011年3月25日
深夜湖西急行バス(山科駅~小野駅)運行開始
2011年4月1日
安曇川営業所を安曇川支所に変更
2011年11月1日
堅田営業所管内にICカードシステム導入(PiTaPa・ICOCAに対応)
2012年3月17日
日吉台線で自転車ラックバス運行開始
2013年4月15日
堅田葛川線50番系統(堅田駅~細川)で自転車ラックバス運行開始
2014年4月1日
消費税率引き上げに伴い運賃改定(最低運賃170円→180円)
2015年7月21日
江若貸切バス旅行センターを大津市真野一丁目(江若交通ビル2階)から同市本堅田六丁目(堅田営業所事務所内)へ移転
2015年
スポーツクラブ コジャックの運営会社が株式会社ザ・コジャックから株式会社ケー・エス・シーとなる
2015年10月1日
株式会社ザ・コジャック解散
2016年3月1日
堅田営業所管内にバスロケーションシステム導入
2016年4月1日
堅田営業所管内で交通系ICカード全国相互利用サービス開始(Kitaca・PASMO・Suica・manaca・TOICA・はやかけん・nimoca・SUGOCAに新規対応)
inserted by FC2 system